引用文献(読み)いんようぶんけん(英語表記)citation

翻訳|citation

図書館情報学用語辞典 第5版「引用文献」の解説

引用文献

文献Aにおいて,文献Bの文章や図・表など,何らかの表現や情報を利用し,その出典を文献中に示した場合,文献Bを文献Aの引用文献と呼ぶ.引用文献の書誌データは,倫理あるいは著作権の観点から,同定可能な形式で,文献の末尾や各章末,各ページの下部など,情報のまとまりごとに記載される.学術雑誌では,記述形式が規定されている場合が多い.引用文献は,引用文献索引の作成や引用分析などの材料として利用される.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android