コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引立烏帽子 ヒキタテエボシ

大辞林 第三版の解説

ひきたてえぼし【引立烏帽子】

かぶとの下に折り込んで着用する揉烏帽子もみえぼし。兜を脱いだとき、頭頂を引き立てて、威儀をととのえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の引立烏帽子の言及

【烏帽子】より

…平安時代には礼冠の下にも烏帽子をかぶったが,前述のように烏帽子が固塗になったので,とくに冑の下にかぶるためにやわらかくもみ製にした烏帽子をそういった。冑をぬいでいるときはこれを引き立て,その後ろを少し折り込んでかぶるので引立烏帽子ともいう。これは鉢巻をしたり,あるいは縁を塗り固め,きらめかしたものがあって,これを縁塗烏帽子(へんぬりえぼし∥へりぬりえぼし)といった(図)。…

※「引立烏帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

引立烏帽子の関連キーワード揉烏帽子てっぺん威儀

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android