コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引鏧 いんきん

世界大百科事典 第2版の解説

いんきん【引鏧】

引金,引磬とも書き,手磬(しゆけい)ともいう。仏教楽器(鳴物)の一種(イラスト)。響銅製で小型の茶わんの形をした器の底に穴をあけ,携帯の便のために棒状を取りつけたもの。器と柄の間には小さな座布団があてられている。柄に紐で結びつけた金属製の細棒で縁を打って音を出す。余韻のある高い澄んだ音色が特徴的である。禅宗などでは甲・乙,または大・小として音高の異なる二つの引鏧を1対にして用いることもある。引鏧の〈引〉は僧侶らの注意を引く,あるいは人を導いて仏道に引き入れるという意味をもつとされており,実際に引鏧は仏教の儀式の際に僧侶らの動作,作法を指示するための合図として,あるいは僧侶らが行列をなして歩行する際の先導として鳴らされる場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

引鏧の関連キーワード引金

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android