コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)金 ヒキガネ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐がね【引(き)金】

小銃・ピストルなどの、指で引く発射装置の金具。
ある事態を引き起こす直接の原因。きっかけ。「授業料の値上げが引き金となって大学紛争が起こった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

引(き)金の関連キーワードアマウント(AMOUNT)リチャード ドナーギルド社会主義エチレン吸収剤代金取立手形ミスマッチ債講談社[株]プロラクチントリガー価格株価指数先物歩積み預金刺激伝導系三叉神経痛TIBORLIBOR元和大殉教放射線重合中性子爆弾自己免疫ピストル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android