弘法大師行状絵詞(読み)こうぼうだいしぎょうじょうえことば

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弘法大師行状絵詞
こうぼうだいしぎょうじょうえことば

絵巻。12巻。京都・東寺蔵。真言宗の祖師弘法大師(空海)の一代の伝記を描いたもので、先行の諸本を取捨選択、集成してつくられる。『東寺百合文書(ひゃくごうもんじょ)』所収の「大師御絵日記」によれば、制作は応安(おうあん)7年(1374)から康応(こうおう)元年(1389)にわたり、絵は祐高法眼(ゆうこうほうげん)、(巨勢(こせ))行忠(ゆきただ)ら4人の絵師が分担したとみられる。なお、このほか弘法大師の行状を説いた絵巻として『高野大師行状図絵』6巻(地蔵院)などが知られる。[村重 寧]
『小松茂美編『続日本絵巻大成5・6 弘法大師行状絵詞』(1982、83・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android