コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康応 コウオウ

大辞林 第三版の解説

こうおう【康応】

北朝の年号(1389.2.9~1390.3.26)。嘉慶の後、明徳の前。後小松天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうおう【康応】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1389年から1390年まで、後小松(ごこまつ)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は嘉慶(かきょう)。次元号は明徳(めいとく)。1389年(嘉慶3)2月9日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。康応年間の南朝の天皇は後亀山(ごかめやま)天皇。南朝は「元中(げんちゅう)」(1384~1392年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

康応の関連キーワード鹿苑院殿厳島詣記弘法大師行状絵詞佐竹義宣(1)兼吉(初代)西園寺実俊土岐氏の乱花山院長親藤原行光山名氏幸山科教言宗良親王庭田重資山名時煕無文元選山名時熙山名氏清志賀義天近衛忠嗣石室善玖四辻季保

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

康応の関連情報