コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘道王 ひろみちおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弘道王 ひろみちおう

?-? 平安時代前期の官吏。
貞観(じょうがん)9年(867)従五位下。玄蕃頭(げんばのかみ),刑部大輔(ぎょうぶのたいふ),武蔵権守(むさしのごんのかみ)をへて,仁和(にんな)3年(887)内膳正(ないぜんのかみ)となる。従五位上。この間,新羅(しらぎ)の海賊の侵略,蝗害,改元など事あるたびに,伊勢(いせ)神宮へ奉幣使(ほうへいし)として派遣された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

弘道王の関連キーワード官吏貞観