コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弟・乙 おと

大辞林 第三版の解説

おと【弟・乙】

( 名 )
〔同性の兄弟(姉妹)の年下の者の意〕
兄から見たおとうと。また、姉から見たいもうと。 ↔ 「父母がなしのまにまに箸はし向かふ-のみことは/万葉集 1804
末子。一番下の子。 「姉が手を引く-は抱く、中はてて親肩くまに/浄瑠璃・油地獄
乙御前おとごぜ 」に同じ。
( 接頭 )
名詞に付く。
兄弟姉妹のうちで、年が若い、幼い、末の、などの意を表す。 「 -おじ」 「 -ご」
若く美しい、かわいい、などの意を表す。 「 -たなばた(乙棚機)」 「 -たちばなひめ(弟橘媛)」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android