コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弟橘媛 オトタチバナヒメ

6件 の用語解説(弟橘媛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おとたちばな‐ひめ【弟橘媛】

日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃(きさき)。尊の東征に従い、相模から上総に渡るとき、海が荒れたので、海神の怒りを鎮めるために尊の身代わりに海に身を投じたと伝える。橘媛。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弟橘媛 おとたちばなひめ

記・紀にみえる伝承上の女性。
日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃とされ,尊の東国攻めに同行する。馳水(はしりみず)の海(浦賀水道)で暴風のため船がすすまなくなったとき,海神をなだめるため海に身を投じて,風をしずめたといわれる。「古事記」では弟橘比売命。
【格言など】さねさし相武(さがむ)の小野に燃ゆる火の火中(ほなか)に立ちて問ひし君はも(「古事記」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

弟橘媛

日本神話に登場する日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の妃。『古事記』には,弟橘比売命と記され,ヤマトタケルの東国平定のとき,走水の海(浦賀水道)で一行の船が海神によって航行を妨げられると,海中に身を投じて海神を鎮め,船を進ませた。海中に没しながら「さねさし相模の小野に燃ゆる火の火中に立ちて問ひし君はも」とヤマトタケルに歌を残したという。東国からの帰路足柄峠(『日本書紀』では碓氷峠)に至って,ヤマトタケルは「あづまはや(わが妻よ!)」と,このことを嘆き,以来,足柄以東の東国は「あづま」と呼ばれたと伝えられる。『日本書紀』では媛を穂積氏の出自とするが,『常陸国風土記』には大橘比売命,橘皇后として記され,関東地方にその伝承を持つことが知られる。横須賀市走水神社,川崎市の橘樹神社など東京湾付近には媛を祭る神社が多い。

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おとたちばなひめ【弟橘媛】

記紀の神話で日本武尊やまとたけるのみこと)の妃とされる女性。ヤマトタケル東征のおり,走水(はしりみず)の海(浦賀水道)の神が波浪をおこして行く手を妨げたところ,媛はみずから犠牲となって海中に入り船を進めることができた。そのさい妃は〈さねさし相模(さがむ)の小野に燃ゆる火の火中(ほなか)に立ちて問ひし君はも〉との歌を残し,7日後に妃の櫛が海辺に流れついたという。のち東国を平定したヤマトタケルが足柄峠を越えた時,〈あづまはや〉(わが妻よああ)と三たび嘆いたが,爾来,東国(足柄以東)を〈あづ(ず)ま〉と呼ぶに至った,とも語っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おとたちばなひめ【弟橘媛】

日本武尊やまとたけるのみことの妃きさき。東征に従い、走水はしりみずの海が荒れたとき、海神を鎮めるために入水したと伝える。橘媛。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弟橘媛
おとたちばなひめ

日本武尊(やまとたけるのみこと)の后(きさき)。日本武尊が東征の際に走水(はしりみず)の海(浦賀水道)を渡ろうとしたとき、海の神が祟(たた)って舟が進まなくなった。后が尊の身代りになって海に身を投じたところ、舟は進むことができたという(『古事記』)。『日本書紀』には「穂積氏忍山宿禰(ほづみのうじおしやまのすくね)の女(むすめ)なり」とあるが、聖樹としてのタチバナ(橘)を名としているところからすると、神に仕える若い巫女(みこ)とみるべきであろう。また尊を助けたという点からすると、オナリ神(南島において故郷を離れる兄弟を守護するといわれる姉妹の霊)的な女性かもしれない。[守屋俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弟橘媛の関連キーワード草薙小碓尊嬬恋焼津神社倭姫命穴戸武媛出雲建吉備武彦穂積忍山稚武彦王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弟橘媛の関連情報