コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弟橘媛(読み)オトタチバナヒメ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弟橘媛 おとたちばなひめ

記・紀にみえる伝承上の女性。
日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃とされ,尊の東国攻めに同行する。馳水(はしりみず)の海(浦賀水道)で暴風のため船がすすまなくなったとき,海神をなだめるため海に身を投じて,風をしずめたといわれる。「古事記」では弟橘比売命。
【格言など】さねさし相武(さがむ)の小野に燃ゆる火の火中(ほなか)に立ちて問ひし君はも(「古事記」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

弟橘媛

日本神話に登場する日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の妃。『古事記』には,橘比売命と記され,ヤマトタケルの東国平定のとき,走水の海(浦賀水道)で一行の船が海神によって航行を妨げられると,海中に身を投じて海神を鎮め,船を進ませた。海中に没しながら「さねさし相模の小野に燃ゆる火の火中に立ちて問ひし君はも」とヤマトタケルに歌を残したという。国からの帰路足柄峠(『日本書紀』では碓氷峠)に至って,ヤマトタケルは「あづまはや(わが妻よ!)」と,このことを嘆き,以来,足柄以東の東国は「あづま」と呼ばれたと伝えられる。『日本書紀』では穂積氏の出自とするが,『常陸国風土記』には大橘比売命,橘皇后として記され,関東地方にその伝承を持つことが知られる。横須賀市の走水神社,川崎市の橘樹神社など東京湾付近には媛を祭る神社が多い。

(寺田恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おとたちばなひめ【弟橘媛】

記紀の神話で日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃とされる女性。ヤマトタケル東征のおり,走水(はしりみず)の海(浦賀水道)の神が波浪をおこして行く手を妨げたところ,媛はみずから犠牲となって海中に入り船を進めることができた。そのさい妃は〈さねさし相模(さがむ)の小野に燃ゆる火の火中(ほなか)に立ちて問ひし君はも〉との歌を残し,7日後に妃の櫛が海辺に流れついたという。のち東国を平定したヤマトタケルが足柄峠を越えた時,〈あづまはや〉(わが妻よああ)と三たび嘆いたが,爾来,東国(足柄以東)を〈あづ(ず)ま〉と呼ぶに至った,とも語っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おとたちばなひめ【弟橘媛】

日本武尊やまとたけるのみことの妃きさき。東征に従い、走水はしりみずの海が荒れたとき、海神を鎮めるために入水したと伝える。橘媛。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弟橘媛
おとたちばなひめ

日本武尊(やまとたけるのみこと)の后(きさき)。日本武尊が東征の際に走水(はしりみず)の海(浦賀水道)を渡ろうとしたとき、海の神が祟(たた)って舟が進まなくなった。后が尊の身代りになって海に身を投じたところ、舟は進むことができたという(『古事記』)。『日本書紀』には「穂積氏忍山宿禰(ほづみのうじおしやまのすくね)の女(むすめ)なり」とあるが、聖樹としてのタチバナ(橘)を名としているところからすると、神に仕える若い巫女(みこ)とみるべきであろう。また尊を助けたという点からすると、オナリ神(南島において故郷を離れる兄弟を守護するといわれる姉妹の霊)的な女性かもしれない。[守屋俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android