乙御前(読み)オトゴゼ

デジタル大辞泉の解説

おと‐ごぜ【乙御前】

末娘。また、若く美しい娘。
「主ぞ恋しかりける、―ぞ恋しかりける」〈虎明狂・枕物狂
顔の醜い女。おたふく。おかめ。
「姫が被(かづ)きたる小袖を取りて、―を見つけて」〈虎明狂・賽の目〉
狂言面の一。乙(おと)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとごぜ【乙御前】

すえ娘。妹娘。 「主ぬしぞ恋しかりける、-ぞ恋しかりける/狂言・枕物狂」
顔の醜い女の称。おたふく。おかめ。 「 -をみ付て、きもをつぶして/狂言・賽の目」
狂言の女面の一種。顔の醜い若い女の面。「釣針」「仏師」「六地蔵」などに用いられる。おかめ。おたふく。おと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おと‐ごぜ【乙御前】

〘名〙
① 妹娘。末の娘。また、若くかわいい娘。
※虎明本狂言・枕物狂(室町末‐近世初)「おとごぜぞ恋しかりける」
② 醜い女。おたふくおかめ三平二満(さんぺいじまん)
※虎明本狂言・賽の目(室町末‐近世初)「おとごぜをみ付て、きもをつぶして」
③ 狂言の女面の一種。不器量な若い女の面で、「業平餠(なりひらもち)」「釣針」の醜女、「仏師」「六地蔵」などの仏体に用いられる。おかめ。おたふく。乙(おと)。ふくれ。〔わらんべ草(1660)〕

おと‐ごぜん【乙御前】

浮世草子・好色盛衰記(1688)二「母の親のならひにて、たとへば乙御前(ヲトゴセン)の面(おもて)なる娘も、我子自慢して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の乙御前の言及

【お亀】より

…お多福ともいう。同系統の面としては狂言面に乙御前(おとごぜ)があり,男に逃げられる醜女や姫鬼,福女などに用いられる。お多福のオタが乙の転訛ともいわれるように,お多福,お亀も同様の役柄の近世芸能に使用される。…

※「乙御前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android