(読み)アニ

デジタル大辞泉の解説

あに【兄】

きょうだいのうち、年上の男。⇔
《「義兄」とも書く》妻や夫の兄。また、姉の夫。義兄(ぎけい)。
(「あにさん」などの形で)年配者が若い男を親しんでいう語。

え【兄】

同性の者のうちの年長者。特に、兄弟・姉妹で年上の者。⇔弟(おと)
「かつがつもいや先立てる―をし枕(ま)かむ」〈・中・歌謡〉
[補説]「え(兄)」と「おと(弟)」との複合が「えと(干支)」である。→干支(えと)十干

きょう【兄/経/卿/敬/慶/警】[漢字項目]

〈兄〉⇒けい
〈経〉⇒けい
〈卿〉⇒けい
〈敬〉⇒けい
〈慶〉⇒けい
〈警〉⇒けい

けい【兄】

[名]あに。⇔弟(てい)
[代]二人称の人代名詞。男子が手紙などで親しい先輩や友人などに用いる敬称。「のご健闘を祈る」
[接尾]親しい先輩や友人の名などに付けて、敬意を表す。男子が手紙などに用いる。「中村

けい【兄】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) キョウ(キャウ)(呉) [訓]あに せ え
学習漢字]2年
〈ケイ〉
あに。「兄事兄弟義兄実兄従兄父兄
同輩や年長の友人に対する敬称。「雅兄学兄貴兄諸兄大兄
〈キョウ〉あに。「兄弟
〈あに〉「兄上兄貴
[名のり]えだ・これ・さき・しげ・ただ・ね・よし
[難読]従兄(いとこ)従兄弟(いとこ)兄子(せこ)兄矢(はや)

こ‐の‐かみ【兄/首/氏上】

《「子の上(かみ)」の意から》
長男。
「―を箭田珠勝大兄(やたのたまかつのおひね)の皇子と曰す」〈欽明紀〉
兄。または、姉。
「この男の―も衛府の督(かみ)なりけり」〈伊勢・八七〉
年上の者。年長者。
「それが年は、われにこよなく―にぞおはせし」〈宇津保・蔵開中〉
うじのかみ。氏の首長。
「諸氏の人等、各可(よ)き―を定めて申し送れ」〈天武紀〉
多くの人の上に立つもの。かしら。
「その―と思へる上手ども」〈・若菜下〉

せ【兄/夫/背】

女が男を親しんでいう語。主として夫・恋人をさす。⇔妹(いも)
「信濃道(しなぬぢ)は今の墾(は)り道刈りばねに足踏ましむな沓(くつ)はけ我が―」〈・三三九九〉
女の側から兄または弟をよぶ語。⇔
「人ならば母が愛子(まなご)そあさもよし紀の川の辺の妹と―の山」〈・一二〇九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あに【兄】

同じ親から生まれた年上の男。年上の男のきょうだい。 ⇔
姉の夫。あるいは夫や妻の年上の男のきょうだい。義兄。
〔「花の兄」の略〕 梅。

え【兄】

年長者。年上のもの。特に、兄弟・姉妹のうち、同性の年長者。 ⇔ おと 「いや先立てる-をし枕かむ/古事記 」 「蘇我倉山田麻呂が-女ひめ/日本書紀 皇極訓

けい【兄】

[1] ( 名 )
兄弟のうちの、年長の男性。あに。 ⇔ てい
[1] ( 代 )
二人称。男子が手紙などで親しい先輩・同輩を敬っていう語。きみ。 「 -のご意見をお聞かせ下さい」
( 接尾 )
男子が手紙などで、先輩・同輩の氏名につけて、敬意を表すのに用いる。 「佐藤-」

このかみ【兄】

〔「子の上かみ」の意〕
長男。長兄。 「川嶋県を分ちて-稲速別に封ことよさす/日本書紀 応神訓
年長。年長者。また、兄・姉。 「いま一巡りが-に候へば/大鏡 昔物語
地域・氏うじなどの長。 「諸氏の-未だ定まらざる/日本書紀 天武訓
その道で、優れた者。 「その-と思へる上手ども/源氏 若菜下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あに【兄】

〘名〙
① 親を同じくする者同士で、年上の男子。実兄。え。せ。いろせ。このかみ。しょうと。いろえ。⇔
※伊勢物語(10C前)七九「あにの中納言行平(ゆきひら)のむすめの腹なり」
② 妻や夫の兄弟で妻や夫より年上の男子、また、姉の夫など。義兄。義理の兄。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「義兄(アニ)だって貴方、左に右く医者ですし」
③ 長子。長男。
※書紀(720)安閑即位前(寛文版左訓)「勾大兄広国押武金日天皇は男大(をほ)迹天皇の長子(アニみこ)なり」
④ 男が他の者より年長であること。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「今一人は、前の男より二つ三つ兄らしく」
⑤ 年配者が若い男を親しんで呼ぶ語。また、若者のうちで年長者、実力者。
※随筆・胆大小心録(1808)一三八「兄々といふて、関とりも関分も、小どもあしらいした事じゃ」
⑥ (「はな(花)の兄(あに)」の略) 梅の花。
※雑俳・柳多留‐三七(1807)「兄ははや盛りが過て吉野山」

あにい【兄】

〘名〙
① あにき。あに。
※少年行(1907)〈中村星湖〉四「阿哥(アニイ)も、お前商売をして居りゃア、多少(いくらか)屈托もあらあナ」
② 勇み肌の若者。また、その若者を呼ぶ語。多く江戸、東京地方で用いる。
※洒落本・禁現大福帳(1755)序「山手の惣領(アニイ)が、惣勘定といふ高慢らしい赤本を貸て行しゆへ」
※塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉三「小平哥々(アニイ)失錯(へまあ)遣ちゃアいけねへぜ」
③ あまり賢くない若者を呼ぶ語。
※談義本・風流志道軒伝(1763)序「夫馬鹿の名目一ならず。〈略〉但同じ詞にて兄イといへば、少しやさしく、利口にないといへば、人めったに腹を立てねど」

え【兄】

〘名〙 (「え」は元来ヤ行のエ) 年長であること。また、その者。年長者。⇔弟(おと)
※古事記(712)中・歌謡「かつがつも 最前(いやさき)立てる 延(エ)をし枕(ま)かむ」
[語誌](1)上代語では複合語の一部として用いられることが多い。単独の形の挙例「古事記‐中・歌謡」も「兄」でなく「善」と解釈する説がある。また、「兄磯城(えしき)」に対する「弟磯城(おとしき)」のように、「おと」とひとくみで用いられることが多い。
(2)兄弟姉妹の間柄では兄と姉を指したが、姉の場合「あね」と併用された。平安時代以降は「あに」「あね」と交替した。→「おとうと」の語誌

けい【兄】

[1] 〘名〙 =あに(兄)
[2] 〘代名〙 対称。男子が書簡などで、先輩・同輩などを敬っていうのに用いる。
※浦上春琴宛頼山陽書簡‐文化一一年(1814)一二月七日「兄の所得、南海にて得候分歟」
[3] 〘接尾〙 男子が書簡などで、先輩・同輩の氏名などに付して敬意を表わすのに用いる。
※今昔(1120頃か)九「昔、兄と同学で有し人也、互に恩深りき」

ひん【兄】

〘名〙 (「ひん」は「兄」の唐宋音。「こうほうひん(孔方兄)」の略) 銭。金銭。金銀。鳥目。また、金持。
※浄瑠璃・恋女房染分手綱(1751)二「サア手まへたひんを、ササまき出せ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兄の関連情報