コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 アニ

11件 の用語解説(兄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あに【兄】

きょうだいのうち、年上の男。⇔
《「義兄」とも書く》妻や夫の兄。また、姉の夫。義兄(ぎけい)。
(「あにさん」などの形で)年配者が若い男を親しんでいう語。

え【兄】

同性の者のうちの年長者。特に、兄弟・姉妹で年上の者。⇔弟(おと)
「かつがつもいや先立てる―をし枕(ま)かむ」〈・中・歌謡〉
[補説]「え(兄)」と「おと(弟)」との複合が「えと(干支)」である。→干支(えと)十干

きょう【兄/経/卿/敬/慶/警】[漢字項目]

〈兄〉⇒けい
〈経〉⇒けい
〈卿〉⇒けい
〈敬〉⇒けい
〈慶〉⇒けい
〈警〉⇒けい

けい【兄】

[名]あに。⇔弟(てい)
[代]二人称の人代名詞。男子が手紙などで親しい先輩や友人などに用いる敬称。「のご健闘を祈る」
[接尾]親しい先輩や友人の名などに付けて、敬意を表す。男子が手紙などに用いる。「中村

けい【兄】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) キョウ(キャウ)(呉) [訓]あに せ え
学習漢字]2年
〈ケイ〉
あに。「兄事兄弟義兄実兄従兄父兄
同輩や年長の友人に対する敬称。「雅兄学兄貴兄諸兄大兄
〈キョウ〉あに。「兄弟
〈あに〉「兄上兄貴
[名のり]えだ・これ・さき・しげ・ただ・ね・よし
[難読]従兄(いとこ)従兄弟(いとこ)兄子(せこ)兄矢(はや)

こ‐の‐かみ【兄/首/氏上】

《「子の上(かみ)」の意から》
長男。
「―を箭田珠勝大兄(やたのたまかつのおひね)の皇子と曰す」〈欽明紀〉
兄。または、姉。
「この男の―も衛府の督(かみ)なりけり」〈伊勢・八七〉
年上の者。年長者。
「それが年は、われにこよなく―にぞおはせし」〈宇津保・蔵開中〉
うじのかみ。氏の首長。
「諸氏の人等、各可(よ)き―を定めて申し送れ」〈天武紀〉
多くの人の上に立つもの。かしら。
「その―と思へる上手ども」〈・若菜下〉

せ【兄/夫/背】

女が男を親しんでいう語。主として夫・恋人をさす。⇔妹(いも)
「信濃道(しなぬぢ)は今の墾(は)り道刈りばねに足踏ましむな沓(くつ)はけ我が―」〈・三三九九〉
女の側から兄または弟をよぶ語。⇔
「人ならば母が愛子(まなご)そあさもよし紀の川の辺の妹と―の山」〈・一二〇九〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あに【兄】

同じ親から生まれた年上の男。年上の男のきょうだい。 ↔
姉の夫。あるいは夫や妻の年上の男のきょうだい。義兄。
〔「花の兄」の略〕 梅。

え【兄】

年長者。年上のもの。特に、兄弟・姉妹のうち、同性の年長者。 ↔ おと 「いや先立てる-をし枕かむ/古事記 」 「蘇我倉山田麻呂が-女ひめ/日本書紀 皇極訓

けい【兄】

[1] ( 名 )
兄弟のうちの、年長の男性。あに。 ↔ てい
[1] ( 代 )
二人称。男子が手紙などで親しい先輩・同輩を敬っていう語。きみ。 「 -のご意見をお聞かせ下さい」
( 接尾 )
男子が手紙などで、先輩・同輩の氏名につけて、敬意を表すのに用いる。 「佐藤-」

このかみ【兄】

〔「子の上かみ」の意〕
長男。長兄。 「川嶋県を分ちて-稲速別に封ことよさす/日本書紀 応神訓
年長。年長者。また、兄・姉。 「いま一巡りが-に候へば/大鏡 昔物語
地域・氏うじなどの長。 「諸氏の-未だ定まらざる/日本書紀 天武訓
その道で、優れた者。 「その-と思へる上手ども/源氏 若菜下

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兄の関連キーワード一匹狼大口の加味神渡し下民官家立挙鳴る神の髪出鳴神月

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兄の関連情報