コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニ

デジタル大辞泉の解説

あに【兄】

きょうだいのうち、年上の男。⇔
《「義兄」とも書く》妻や夫の兄。また、姉の夫。義兄(ぎけい)。
(「あにさん」などの形で)年配者が若い男を親しんでいう語。

え【兄】

同性の者のうちの年長者。特に、兄弟・姉妹で年上の者。⇔弟(おと)
「かつがつもいや先立てる―をし枕(ま)かむ」〈・中・歌謡〉
[補説]「え(兄)」と「おと(弟)」との複合が「えと(干支)」である。→干支(えと)十干

きょう【兄/経/卿/敬/慶/警】[漢字項目]

〈兄〉⇒けい
〈経〉⇒けい
〈卿〉⇒けい
〈敬〉⇒けい
〈慶〉⇒けい
〈警〉⇒けい

けい【兄】

[名]あに。⇔弟(てい)
[代]二人称の人代名詞。男子が手紙などで親しい先輩や友人などに用いる敬称。「のご健闘を祈る」
[接尾]親しい先輩や友人の名などに付けて、敬意を表す。男子が手紙などに用いる。「中村

けい【兄】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) キョウ(キャウ)(呉) [訓]あに せ え
学習漢字]2年
〈ケイ〉
あに。「兄事兄弟義兄実兄従兄父兄
同輩や年長の友人に対する敬称。「雅兄学兄貴兄諸兄大兄
〈キョウ〉あに。「兄弟
〈あに〉「兄上兄貴
[名のり]えだ・これ・さき・しげ・ただ・ね・よし
[難読]従兄(いとこ)従兄弟(いとこ)兄子(せこ)兄矢(はや)

こ‐の‐かみ【兄/首/氏上】

《「子の上(かみ)」の意から》
長男。
「―を箭田珠勝大兄(やたのたまかつのおひね)の皇子と曰す」〈欽明紀〉
兄。または、姉。
「この男の―も衛府の督(かみ)なりけり」〈伊勢・八七〉
年上の者。年長者。
「それが年は、われにこよなく―にぞおはせし」〈宇津保・蔵開中〉
うじのかみ。氏の首長。
「諸氏の人等、各可(よ)き―を定めて申し送れ」〈天武紀〉
多くの人の上に立つもの。かしら。
「その―と思へる上手ども」〈・若菜下〉

せ【兄/夫/背】

女が男を親しんでいう語。主として夫・恋人をさす。⇔妹(いも)
「信濃道(しなぬぢ)は今の墾(は)り道刈りばねに足踏ましむな沓(くつ)はけ我が―」〈・三三九九〉
女の側から兄または弟をよぶ語。⇔
「人ならば母が愛子(まなご)そあさもよし紀の川の辺の妹と―の山」〈・一二〇九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あに【兄】

同じ親から生まれた年上の男。年上の男のきょうだい。 ↔
姉の夫。あるいは夫や妻の年上の男のきょうだい。義兄。
〔「花の兄」の略〕 梅。

え【兄】

年長者。年上のもの。特に、兄弟・姉妹のうち、同性の年長者。 ↔ おと 「いや先立てる-をし枕かむ/古事記 」 「蘇我倉山田麻呂が-女ひめ/日本書紀 皇極訓

けい【兄】

[1] ( 名 )
兄弟のうちの、年長の男性。あに。 ↔ てい
[1] ( 代 )
二人称。男子が手紙などで親しい先輩・同輩を敬っていう語。きみ。 「 -のご意見をお聞かせ下さい」
( 接尾 )
男子が手紙などで、先輩・同輩の氏名につけて、敬意を表すのに用いる。 「佐藤-」

このかみ【兄】

〔「子の上かみ」の意〕
長男。長兄。 「川嶋県を分ちて-稲速別に封ことよさす/日本書紀 応神訓
年長。年長者。また、兄・姉。 「いま一巡りが-に候へば/大鏡 昔物語
地域・氏うじなどの長。 「諸氏の-未だ定まらざる/日本書紀 天武訓
その道で、優れた者。 「その-と思へる上手ども/源氏 若菜下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

兄の関連キーワードラリー エルガートマテイス マリスウォルシュアンジャ島兄ちゃん有間皇子難兄難弟ピクシス大兄さん御兄さん日本書紀人代名詞腹変り兄者人孔方兄弟磯城狭穂姫愚兄六親阿兄

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兄の関連情報