コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥蔵 ヤゾウ

デジタル大辞泉の解説

やぞう〔やザウ〕【弥蔵】

ふところ手をして着物の中で握りこぶしをつくり、肩のあたりを突き上げるようにしたさまを人名のように表した語。江戸後期、遊び人やばくち打ちなどがしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弥蔵 やぞう

?-? 江戸時代後期の陶工。
本業は染物屋能登(のと)正院村(石川県珠洲(すず)市)に窯をひらく。製品は弥蔵焼,正院焼とよばれ,天保(てんぽう)(1830-44)の中ごろもっともさかえた。九谷焼若杉窯の三田勇次郎や能登の画家山崎雲山らが絵付けしている。嘉永(かえい)ごろ廃窯。姓は高嶋。名は次兵衛。屋号は柏屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やぞう【弥蔵】

懐手をして握りこぶしを作り、肩をつき上げるようにした恰好かつこう。江戸時代の職人や博打ばくちうちなどの風俗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弥蔵の関連キーワード森岡 守成宮崎 八郎宮崎虎蔵白井小助宮崎滔天江戸時代西村早生竹林派陶工懐手

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android