弥蔵(読み)ヤゾウ

  • やぞう〔やザウ〕
  • 弥蔵 やぞう

デジタル大辞泉の解説

ふところ手をして着物の中で握りこぶしをつくり、肩のあたりを突き上げるようにしたさまを人名のように表した語。江戸後期、遊び人やばくち打ちなどがしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 江戸時代後期の陶工。
本業は染物屋能登(のと)正院村(石川県珠洲(すず)市)にをひらく。製品は弥蔵焼,正院焼とよばれ,天保(てんぽう)(1830-44)の中ごろもっともさかえた。九谷焼若杉窯の三田勇次郎や能登の画家山崎雲山らが絵付けしている。嘉永(かえい)ごろ廃窯。は高嶋。名は次兵衛屋号柏屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

懐手をして握りこぶしを作り、肩をつき上げるようにした恰好かつこう。江戸時代の職人や博打ばくちうちなどの風俗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android