弦楽セレナード

デジタル大辞泉プラスの解説

弦楽セレナード

ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーの弦楽合奏曲(1880)。『弦楽合奏のセレナード』とも呼ばれる。

弦楽セレナード

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの弦楽合奏曲(1875)。34歳のときに、わずか10日余りで書き上げられた。初期代表作の一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

げんがくセレナード【弦楽セレナード】

原題、〈チェコSmyčcová Serenádaドボルザークの弦楽合奏曲。ホ長調。1875年作曲。33歳のときに、わずか10日余りで書き上げられた作品。初期の代表作の一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android