コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弦楽セレナード

デジタル大辞泉プラスの解説

弦楽セレナード

ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーの弦楽合奏曲(1880)。『弦楽合奏のセレナード』とも呼ばれる。

弦楽セレナード

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの弦楽合奏曲(1875)。34歳のときに、わずか10日余りで書き上げられた。初期の代表作の一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

げんがくセレナード【弦楽セレナード】

《原題、〈チェコSmyčcová Serenádaドボルザークの弦楽合奏曲。ホ長調。1875年作曲。33歳のときに、わずか10日余りで書き上げられた作品。初期の代表作の一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

弦楽セレナードの関連キーワードチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)スーク((1874―1935))チャイコフスキー(年譜)ヨゼフ スーク

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android