コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弦楽セレナード

デジタル大辞泉プラスの解説

弦楽セレナード

ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーの弦楽合奏曲(1880)。『弦楽合奏のセレナード』とも呼ばれる。

弦楽セレナード

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの弦楽合奏曲(1875)。34歳のときに、わずか10日余りで書き上げられた。初期の代表作の一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

げんがくセレナード【弦楽セレナード】

《原題、〈チェコSmyčcová Serenádaドボルザークの弦楽合奏曲。ホ長調。1875年作曲。33歳のときに、わずか10日余りで書き上げられた作品。初期の代表作の一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

弦楽セレナードの関連キーワードチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)スーク((1874―1935))チャイコフスキー(年譜)ヨゼフ スーク

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弦楽セレナードの関連情報