張りぼて(読み)ハリボテ

デジタル大辞泉 「張りぼて」の意味・読み・例文・類語

はり‐ぼて【張りぼて】

張り子で、ある形に作ったもの。張り子作りの芝居小道具など。ぼて。
(比喩的に)見かけは立派だが、実質の伴わないことやもの。張り子の虎。「二世議員ばかりで実務経験のない張りぼて内閣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「張りぼて」の意味・読み・例文・類語

はり‐ぼて【張ぼて】

  1. 〘 名詞 〙 竹籠などに紙をはったもの。張り子作りの芝居の小道具など。張り子。ぼて。
    1. [初出の実例]「我をたたかば、我張りぼてなれば、ツイつぶれて仕まふなり」(出典:松翁道話(1814‐46)五)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android