コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張掖郡 ちょうえきぐんZhang-ye jun; Chang-i chün

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張掖郡
ちょうえきぐん
Zhang-ye jun; Chang-i chün

中国,元鼎6 (前 111) 年前漢の武帝時代におかれた郡で,現在の甘粛省張掖県付近。もと匈奴昆邪王の地で,対西域交通,軍事上の要衝後漢献帝のとき西郡を分置し,唐以後は甘州と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の張掖郡の言及

【河西四郡】より

…河西とは中国甘粛省の黄河から西,祁連(きれん)山脈の北側にそった狭長な地域である。俗に河西回廊といわれ,砂漠の中にオアシスが点在してシルクロードの東端を形成する。漢の武帝はここを占拠していた匈奴を撃退し,東西貿易路を確保した。前1世紀のころそこに酒泉,張掖,敦煌,武威の4郡が前後して設置された。4郡の中心をなすオアシス都市は今日もなおその生命を維持している。【日比野 丈夫】…

※「張掖郡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

張掖郡の関連キーワードチャンイエ(張掖)市永昌県遺跡河西

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android