コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正八面体 セイハチメンタイ

大辞林 第三版の解説

せいはちめんたい【正八面体】

八個の面がすべて合同な正三角形でできている正多面体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

正八面体の関連キーワード亜鉛尖晶石(データノート)センウラン鉱(閃ウラン鉱)鉄尖晶石(データノート)クロムミョウバン(明礬)カリミョウバン(明礬)アンモニウムミョウバン金属クラスター化合物珪素・硅素・ケイ素ミョウバン(明礬)パラモリブデン酸塩塩化マグネシウムクロムミョウバンアンモニウム明礬カンフィールド鉱フランクリン鉱塩化ルテニウムゲルスドルフ鉱閃マンガン鉱輝コバルト鉱トランス効果

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android