強制移住法(読み)きょうせいいじゅうほう(英語表記)Removal Act

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強制移住法
きょうせいいじゅうほう
Removal Act

インディアン撤去法令とも呼ばれる。 1830年5月 28日アメリカ連邦議会で制定されたインディアンの強制移住に関する法律。正式には諸州ないしは領地に居住するインディアンとの土地の交換,およびミシシッピ川以西への彼らの移住を規定する法令。東部インディアンの西方への移住は,1829年 12月8日の A.ジャクソン大統領の議会へのメッセージで明示されており,議会で賛否の議論が激しく戦わされていた。この法の対象となるインディアン部族は南東部のクリーク族,チェロキー族,チョクトウ族,チカサウ族,セミノール族や北西部のサック・アンド・フォックス族,ウィネバゴ族,ソーク族などミシシッピ川以東の土地に住む部族すべてであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android