コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強磁性窒化鉄 キョウジセイチッカテツ

デジタル大辞泉の解説

きょうじせい‐ちっかてつ〔キヤウジセイチツクワテツ〕【強磁性窒化鉄】

強磁性を示す窒化鉄からなる磁石材料。粉末として単離・精製することが困難だったが、平成23年(2011)、東北大学戸田工業などによる研究グループが初めて合成手法を確立。安定供給に懸念が残るレアアース希土類元素)を含まない強力な磁石への実用化が期待されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone