コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強肝剤 きょうかんざい

百科事典マイペディアの解説

強肝剤【きょうかんざい】

肝機能を賦活し,病的であればこれを回復し,機能亢進を促す薬剤。胆汁分泌を促進するものとしてデヒドロコール酸,解毒を促進するものとしてグルタチオン,ビタミンB剤,脂肪肝を予防するものとしてポリエンホスファジルコリン等があるが,一般保健薬として医師の指示なく常用するのは避けるべきである。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

強肝剤の関連キーワードアクロレイン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android