コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保健薬 ホケンヤク

大辞林 第三版の解説

ほけんやく【保健薬】

治療薬に対して、ビタミン剤のように健康増進の目的で用いられる薬剤の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保健薬
ほけんやく

一般の人が薬局や薬店で自由に購入できる栄養剤、強壮剤、肝臓用薬などの総称で、健康を保持するために服用する医薬品の意であり、いわゆる疲労回復剤をいう。総合ビタミン剤を中心に、アミノ酸や生薬(しょうやく)の抽出物、またはグルクロン酸やチオクト酸などの肝臓用薬などを加えて、錠剤、カプセル剤、ドリンク剤として市販されている。なかには男性ホルモンや女性ホルモンを配合したものもある。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

保健薬の関連キーワード長野県上伊那郡中川村藤沢友吉(2代)新医薬品販売制度チオクト酸神農本草経藤沢 友吉ういろう高橋晄正健康増進医療費強肝剤民間薬薬剤

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android