保健薬(読み)ほけんやく

日本大百科全書(ニッポニカ)「保健薬」の解説

保健薬
ほけんやく

一般の人が局や薬店で自由に購入できる栄養剤、強壮剤、肝臓用薬などの総称で、健康を保持するために服用する医薬品の意であり、いわゆる疲労回復剤をいう。総合ビタミン剤を中心に、アミノ酸や生薬(しょうやく)の抽出物、またはグルクロン酸やチオクト酸などの肝臓用薬などを加えて、錠剤、カプセル剤、ドリンク剤として市販されている。なかには男性ホルモンや女性ホルモンを配合したものもある。

[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「保健薬」の解説

ほけん‐やく【保健薬】

〘名〙 一般の人が医師の処方箋なしに自由に購入できる、ビタミン剤や肝臓薬など、いわゆる健康増進薬。〔新しい医学への道(1964)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報