コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾性学 だんせいがくtheory of elasticity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弾性学
だんせいがく
theory of elasticity

物体に外力が作用すると,程度に差はあるがなんらかの変形を生じる。外力を除去した場合,可逆的に原形に復帰するときを弾性変形 (可逆的でないときは非弾性変形) ,原形に戻らないときを塑性変形と呼ぶ。弾性学とは,弾性変形を対象にして,物体の変形,応力ひずみなどを数学的に解析する学問分野をいう。復原力変位が常に比例する関係を利用するときは,特に線形弾性学と呼ぶ。塑性変形に関して,同様に解析する学問分野を塑性学というが,クリープ応力緩和などの粘性要素を含むもの (時間依存性のあるもの) は,通常は除外されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

弾性学の関連キーワードフックの法則レビ・チビタ辻二郎(1)レオロジー岡本 舜三巨視的変数ベルトラミキルヒホフ野口 尚一応用力学基礎工学応用数学土木技術脆性破壊横田成年構造力学ランキン辻 二郎材料力学テーラー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android