コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾語り ひきがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弾語り
ひきがたり

日本音楽の用語。浄瑠璃では,普通語り手・太夫と三味線弾きの分業であるが,語り手が伴奏楽器の三味線を自分で弾きながら語ることをいう。それに対し地歌などは分業ではなく弾歌いが通常の形である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひき‐がたり【弾(き)語り】

浄瑠璃などで、本来は語りと三味線を別の人が受け持つのに、それを一人で兼ねて演奏すること。→弾き歌い
一人でギター・ピアノなどを演奏しながら歌をうたうこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弾語りの関連情報