コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウ

デジタル大辞泉の解説

とう〔タウ〕【当】

[名]
道理にかなっていること。理屈に合っていること。「を得た答え」
そのものに相当すること。「一騎千」
仏語。来るべき世。来世。当来。
[連体]この、その、現在の、今話題にしている、などの意を表す。「劇場」「ホテル」「案件」

とう【当〔當〕】[漢字項目]

[音]トウ(タウ)(呉)(漢) [訓]あたる あてる まさに…べし
学習漢字]2年
仕事や任などにあたる。「当局当直当番担当
あてる。割りあてる。「充当抵当日当配当
あてはまる。道理にかなう。「当否穏当該当至当失当順当正当相当妥当適当不当
そうするのがあたりまえだ。「当為当然
その。この。問題の。「当時当日当社当地当人当方
今の。「当座当主当節当代
「当選」の略。「当落
[名のり]まさ・まつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あだて【当】

めあて。あてど。 「今で請け出す-はなし/浄瑠璃・氷の朔日
手段。てだて。よすが。 「傍に拡げし書付に、主をはごくむ-とあるが/浄瑠璃・富士見西行」

とう【当】

道理にかなっていること。
「当の…」の形で連体詞として用いる。 → 当の
〘仏〙「当来」の略。未来のこと。
名詞の上に付いて、「この」「その」「私どもの」、また、「現在の」「今話題にしている」などの意を表す。 「 -劇場」 「 -案件」
[句項目] 当を得る 当を失する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【当身技】より

…投げ技,固め技,当身技の3部門から成り立つ柔道の技術の一つ。当(あて),当身,当技(あてわざ)ともいう。…

※「当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

当の関連キーワード当量電気伝導率光化学第二法則電気化学当量サニーサイド篠立て脛当て借り字・借字当たるを幸いシーベルトタントゥー久世三四郎当量伝導率グラム当量富士見西行化学当量横山神道当道要集四文銭連体詞当身技石敢当

当の関連情報