(読み)トウ

デジタル大辞泉の解説

とう〔タウ〕【当】

[名]
道理にかなっていること。理屈に合っていること。「を得た答え」
そのものに相当すること。「一騎千」
仏語。来るべき世。来世。当来。
[連体]この、その、現在の、今話題にしている、などの意を表す。「劇場」「ホテル」「案件」

とう【当〔當〕】[漢字項目]

[音]トウ(タウ)(呉)(漢) [訓]あたる あてる まさに…べし
学習漢字]2年
仕事や任などにあたる。「当局当直当番担当
あてる。割りあてる。「充当抵当日当配当
あてはまる。道理にかなう。「当否穏当該当至当失当順当正当相当妥当適当不当
そうするのがあたりまえだ。「当為当然
その。この。問題の。「当時当日当社当地当人当方
今の。「当座当主当節当代
「当選」の略。「当落
[名のり]まさ・まつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あだて【当】

めあて。あてど。 「今で請け出す-はなし/浄瑠璃・氷の朔日
手段。てだて。よすが。 「傍に拡げし書付に、主をはごくむ-とあるが/浄瑠璃・富士見西行」

とう【当】

道理にかなっていること。
「当の…」の形で連体詞として用いる。 → 当の
〘仏〙「当来」の略。未来のこと。
名詞の上に付いて、「この」「その」「私どもの」、また、「現在の」「今話題にしている」などの意を表す。 「 -劇場」 「 -案件」
[句項目] 当を得る 当を失する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう タウ【当】

[1] 〘名〙
① ちょうどその事にあたること。ちょうどその時の問題の対象になっていること。→当の
② 道理にかなっていること。また、特定の条件にかなっていること。
※朝日新聞‐明治三九年(1906)一一月一三日「還付条件の当不当に至りては」 〔史記‐礼書〕
③ 仏語。これから来ようとする世。当来。来世。
※日蓮遺文‐神国王御書(1275)「已にも入れず、今も入れず、当にもはづれぬ」
[2] 〘語素〙 名詞の上に付いて、この、その、現在の、さしあたっての、などの意を表わす。
※上杉家文書‐(年未詳)(室町前)三月二九日・足利直義書状「小笠原彌次郎長綱当奉公之処」 〔列子‐楊朱〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【当身技】より

…投げ技,固め技,当身技の3部門から成り立つ柔道の技術の一つ。当(あて),当身,当技(あてわざ)ともいう。…

※「当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当の関連情報