コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻永嗣 たいまの ながつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

当麻永嗣 たいまの-ながつぐ

?-? 奈良時代の官吏。
天平宝字(てんぴょうほうじ)6年(762)ごろ仁部(にんぶの)(民部)少丞(しょうじょう)。大判事,左・右少弁,出雲守(いずものかみ)などをへて,天応元年刑部大輔(ぎょうぶのたいふ)となる。石川名足(なたり)らと「続日本紀(しょくにほんぎ)」の編修に従事。延暦(えんりゃく)3年(784)佐伯今毛人(さえきの-いまえみし)らと安倍子美奈(あべの-こみな)の喪礼を監護した。名は永継ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

当麻永嗣の関連キーワード奈良時代天平宝字

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android