コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻永嗣 たいまの ながつぐ

1件 の用語解説(当麻永嗣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

当麻永嗣 たいまの-ながつぐ

?-? 奈良時代の官吏。
天平宝字(てんぴょうほうじ)6年(762)ごろ仁部(にんぶの)(民部)少丞(しょうじょう)。大判事,左・右少弁,出雲守(いずものかみ)などをへて,天応元年刑部大輔(ぎょうぶのたいふ)となる。石川名足(なたり)らと「続日本紀(しょくにほんぎ)」の編修に従事。延暦(えんりゃく)3年(784)佐伯今毛人(さえきの-いまえみし)らと安倍子美奈(あべの-こみな)の喪礼を監護した。名は永継ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone