形態的記述エリア(読み)けいたいてききじゅつえりあ(英語表記)physical description area

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

形態的記述エリア

国際標準書誌記述で定められた,記述の第5のエリア.書誌記述の対象となる資料の形態の大要が把握でき,かつ当該資料と分離する可能性がある付属物や添付物などの数量など,資料の管理および保全上必要な情報が得られるように記録する.記録すべき書誌的要素には,特定資料種別と資料の数量,その他の形態的細目大きさ,付属資料がある.数量の例としては,図書のページ数やマイクロフィッシュの枚数など,その他の形態的細目の例としては,挿図類の有無と点数(図書の場合),再生速度やトラック数(録音資料の場合)などがある.このエリアは,以前に「対照事項(collation)」と呼ばれていたものに相当する.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android