コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦六座 ひころくざ

1件 の用語解説(彦六座の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひころくざ【彦六座】

人形浄瑠璃の劇場名。文楽座に対抗する勢力として,1883年6月,大阪日本橋(につぽんばし)北詰(大阪市中央区)に沢の席が開場した。興行ごとに評判が高まったので,寺井安四郎(1853‐1917。のちの2世豊竹柳適太夫)が金主となり,84年1月,博労町稲荷境内(大阪市中央区淡路町の難波神社)の北門に彦六席を開場し,沢の席の一座を移して興行した。翌月から彦六座と改称。地の利の良さもあって興行成績が上昇しはじめたので,9月には文楽座も松島から彦六座に近い御霊神社境内へ引っ越してくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

彦六座の関連キーワード豊竹座文楽座操り浄瑠璃植村文楽軒浄瑠璃座淡路人形浄瑠璃植村文楽軒(2代)植村文楽軒(6代)内海繁太郎桐竹門造(4代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone