コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦六座 ひころくざ

世界大百科事典 第2版の解説

ひころくざ【彦六座】

人形浄瑠璃の劇場名。文楽座に対抗する勢力として,1883年6月,大阪日本橋(につぽんばし)北詰(大阪市中央区)に沢の席が開場した。興行ごとに評判が高まったので,寺井安四郎(1853‐1917。のちの2世豊竹柳適太夫)が金主となり,84年1月,博労町稲荷境内(大阪市中央区淡路町の難波神社)の北門に彦六席を開場し,沢の席の一座を移して興行した。翌月から彦六座と改称。地の利の良さもあって興行成績が上昇しはじめたので,9月には文楽座も松島から彦六座に近い御霊神社境内へ引っ越してくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

彦六座の関連キーワード豊沢 新左衛門(2代目)竹本 大隅太夫(3代目)豊竹 柳適太夫(2代目)竹本 住太夫(4代目)竹本 源太夫(7代目)豊竹 駒太夫(5代目)竹本 組太夫(5代目)豊沢 松太郎(1代目)竹本大隅太夫(3代)鶴沢 勝七(2代目)吉田 玉造(3代目)豊沢 松太郎(初代)豊沢 広助(6代目)豊沢 仙糸(4代目)鶴沢 道八(1代目)豊沢 広助(7代目)竹本住太夫(4代)竹本組太夫(5代)吉田文五郎(3世)鶴沢 道八(初代)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android