コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彫(り)師 ホリシ

1件 の用語解説(彫(り)師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほり‐し【彫(り)師】

彫物師(ほりものし)」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の彫(り)師の言及

【浮世絵】より


【形式】
 浮世絵の主たる表現形式は終始木版画であり,肉筆画は従の関係にあった。浮世絵版画は,商業資本である版元の企画の下に絵師,彫師,摺師3者の技術が動員された結果の産物であり,下絵を提供する絵師の表現には,おのずから相当の制約が課せられたものであった。
[浮世絵以前の版画]
 日本における木版画の歴史は古い。…

【版画】より

…日本でも江戸時代の浮世絵版画においては,主題選択は大方は版元に優先権があったと思われるし,その絵画的処理についても,必ずしも画家が自主的にそのすべてを決定してはいない(版下画家というほうが理解しやすい)。細部における描写や彩色は彫師や刷師の微妙な協力を要した。したがって版画は版元,画家,彫師,刷師の緊密な共同制作であった。…

※「彫(り)師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone