コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彫(り)師 ホリシ

世界大百科事典内の彫(り)師の言及

【浮世絵】より


【形式】
 浮世絵の主たる表現形式は終始木版画であり,肉筆画は従の関係にあった。浮世絵版画は,商業資本である版元の企画の下に絵師,彫師,摺師3者の技術が動員された結果の産物であり,下絵を提供する絵師の表現には,おのずから相当の制約が課せられたものであった。
[浮世絵以前の版画]
 日本における木版画の歴史は古い。…

【版画】より

…日本でも江戸時代の浮世絵版画においては,主題選択は大方は版元に優先権があったと思われるし,その絵画的処理についても,必ずしも画家が自主的にそのすべてを決定してはいない(版下画家というほうが理解しやすい)。細部における描写や彩色は彫師や刷師の微妙な協力を要した。したがって版画は版元,画家,彫師,刷師の緊密な共同制作であった。…

※「彫(り)師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

彫(り)師の関連キーワード漆黒の霧の中で/彫師伊之助捕物覚えささやく河/彫師伊之助捕物覚え消えた女/彫師伊之助捕物覚え浮世絵の彫師と摺師日本創作版画協会江川八左衛門一本刀土俵入内藤 千代子長尾直太郎北村 四海長谷川好春君塚 樹石尾崎 谷斎津幡直次郎塵悟楼左刀江戸木版画佐藤 朝山児玉 博尾崎紅葉後藤功祐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android