コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村泰次郎 たむらたいじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田村泰次郎
たむらたいじろう

[生]1911.11.30. 四日市
[没]1983.11.2. 東京
小説家。 1934年早稲田大学仏文科卒業。在学中に発表した『をろち』 (1933) が武田麟太郎吉江喬松に,『日月潭工事』 (34) が佐藤春夫に認められ,『選手』 (34) で文壇に登場。 40年出征,中国を転戦し 46年帰国,戦場で得た認識をもとに肉体の解放こそ人間の解放であると主張した『肉体の悪魔』 (46) ,『肉体の門』 (47) ,『春婦伝』 (47) を発表。ほかに『檻』 (47) ,『 (いなご) 』 (64) など。美術品収集家としても知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

田村泰次郎【たむらたいじろう】

小説家。三重県生れ。早稲田大学仏文科卒。在学中より評論,小説を盛んに発表し,1934年《新潮》に《選手》を書いて文壇に出る。太平洋戦争で応召,中国で敗戦を迎える。
→関連項目群像矢田津世子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村泰次郎 たむら-たいじろう

1911-1983 昭和時代の小説家。
明治44年11月30日生まれ。昭和8年井上友一郎らと同人誌「桜」を創刊。15年応召して中国各地を転戦。戦後の21年戦場文学「肉体の悪魔」を,22年「肉体の門」を発表し,流行作家となった。昭和58年11月2日死去。71歳。三重県出身。早大卒。著作はほかに「春婦伝」「蝗(いなご)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たむらたいじろう【田村泰次郎】

1911‐83(明治44‐昭和58)
小説家。三重県の生れ。早大仏文科卒業。在学中から《新科学的》《桜》《行動》などに小説を掲載。1934年《新潮》に《選手》を発表,文壇に登場する。36年武田麟太郎らの《人民文庫》に参加,《大学》を連載したが,40年応召,中国各地を転戦し敗戦後の46年帰還。以後,《肉体の悪魔》(1946),《肉体の門》《春婦伝》(ともに1947)などやつぎばやに話題作を書き,一躍流行作家になる。とくに《肉体の門》は,肉体の解放こそ人間の解放であり,肉体が思考するとき真の人間性の確立もあるとする彼の主張の実践で,パンパンと呼ばれる街娼の出現した戦後の都市の新風俗を描いた力作だったが,その後はしだいに安易な〈肉体文学〉へと堕していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たむらたいじろう【田村泰次郎】

1911~1983) 小説家。三重県生まれ。早大卒。観念より肉体の思考に真の人間性を見る「肉体の門」で脚光を浴びる。「春婦伝」ほか、戦争の人間性を問う「蝗」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田村泰次郎
たむらたいじろう
(1911―1983)

小説家。三重県生まれ。早稲田(わせだ)大学仏文科に学び、井上友一郎(ともいちろう)らと同人雑誌で活躍。学生時代は評論活動が主であったが、卒業後『人民文庫』に長編『大学』を連載(1936~37)。一方『行動』にも参加し、行動主義の作家として出発した。第二次世界大戦に応召し、中国各地を転戦、敗戦後復員するや『肉体の悪魔』(1946)、ついで『肉体の門』(1947)を発表。肉体の解放こそ人間の解放であるというその主張は、戦後の混乱期に画期的な形で迎えられ、肉体文学の作家として目覚ましい活躍をするが、しだいに風俗小説家的傾きを示すに至った。後年の短編集『蝗(いなご)』(1965)には、かつての肉体文学的作品と違い、人間の存在を観念と生命との相克においてとらえようとした、じみながら沈潜したヒューマンな作品が多い。ほかに『失はれた男』(1967)、『兵士の物語』(1971)などがある。[中石 孝]
『『筑摩現代文学大系62 田村泰次郎他集』(1978・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

田村泰次郎の関連キーワード石川 滋彦洲之内 徹中間小説田崎 潤昭和時代暁の脱走不良少女田村

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田村泰次郎の関連情報