コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

影のない女

2件 の用語解説(影のない女の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

影のない女

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのドイツ語による全3幕のオペラ(1919)。原題《Die Frau ohne Schatten》。台本はオーストリアの劇作家・詩人ホフマンスタールによる同名の長編小説に基づく。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

影のない女
かげのないおんな
Die Frau ohne Schatten

オーストリアの詩人ホフマンスタールのメルヘン的長編小説。1919年刊。主人公は精霊界の王の娘で、人間界に降りて皇帝と結婚するが、影をもつことができない。影とは人間のもつ暗い運命の寓意(ぐうい)。影をもたぬ呪(のろ)いで夫の皇帝が石に化するのを嘆き、彼女は貧しい染物屋の女房から影をもらい受けようと図る。しかし彼女は他人を犠牲にしてまで、影の入手を望まない。その精神の尊さゆえに奇跡が起こり、皇帝は化石からよみがえり彼女も影を得て人間になる。愛と自己犠牲による救済の可能性を暗示する小説。作者自身の台本によるリヒャルト・シュトラウス作曲の同名の三幕オペラも、1919年に初演された。[松本道介]
『高橋英夫訳『影のない女』(『ホーフマンスタール選集2』1972・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

影のない女の関連キーワードアラベラアルプス交響曲英雄の生涯家庭交響曲死と浄化死と変容無口な女メタモルフォーゼン4つの最後の歌シュトラウス リヒャルト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

影のない女の関連情報