コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

影のない女

デジタル大辞泉プラスの解説

影のない女

ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのドイツ語による全3幕のオペラ(1919)。原題《Die Frau ohne Schatten》。台本はオーストリアの劇作家・詩人ホフマンスタールによる同名の長編小説に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

影のない女
かげのないおんな
Die Frau ohne Schatten

オーストリアの詩人ホフマンスタールのメルヘン的長編小説。1919年刊。主人公は精霊界の王の娘で、人間界に降りて皇帝と結婚するが、影をもつことができない。影とは人間のもつ暗い運命の寓意(ぐうい)。影をもたぬ呪(のろ)いで夫の皇帝が石に化するのを嘆き、彼女は貧しい染物屋の女房から影をもらい受けようと図る。しかし彼女は他人を犠牲にしてまで、影の入手を望まない。その精神の尊さゆえに奇跡が起こり、皇帝は化石からよみがえり彼女も影を得て人間になる。愛と自己犠牲による救済の可能性を暗示する小説。作者自身の台本によるリヒャルト・シュトラウス作曲の同名の三幕オペラも、1919年に初演された。[松本道介]
『高橋英夫訳『影のない女』(『ホーフマンスタール選集2』1972・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

影のない女の関連キーワードレーマン(Lotte Lehmann)ファルク シュトルックマンペーター ザイフェルトアンドレアス ホモキホーフマンスタールロッテ レーマンアラン タイトスポール カラン三井ミハエル

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android