コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役員兼任 やくいんけんにん

1件 の用語解説(役員兼任の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

役員兼任
やくいんけんにん

会社の役員が他の会社の役員を兼ねること。役員の兼任は企業結合,企業支配の有効な手段として用いられている。役員は会社の事業活動について重要な役割を果す機関であるから,役員の兼任が競争関係にある会社の間で行われる場合,両者の間の競争は消滅し,両者は統一的意思のもとに事業活動を行うようになる。独占禁止法は,会社の役員または従業員が他の会社の役員を兼任することにより,一定の取引分野における競争を実質的に制限することとなる場合に,当該役員の兼任を禁止している (13条) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

役員兼任の関連情報