コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彽徊趣味 テイカイシュミ

デジタル大辞泉の解説

ていかい‐しゅみ〔テイクワイ‐〕【××徊趣味】

世俗の雑事を避けて、余裕のある気持ちで人生をながめ、東洋的な詩歌の境地に遊ぼうとする態度。夏目漱石高浜虚子の小説「鶏頭」の序文で提唱した語。→余裕派

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ていかいしゅみ【彽徊趣味】

俗世間のわずらわしさを避けて、余裕をもって世間や人生をながめようとする態度。初期の夏目漱石が唱えた文学的態度。 → 余裕派

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

彽徊趣味の関連キーワード俗世間

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android