コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余裕派 ヨユウハ

大辞林 第三版の解説

よゆうは【余裕派】

世俗を超越してゆとりをもって東洋的な詩美を楽しもうという創作態度の作家たちをさす称。初期の夏目漱石らの文学態度を示すものとして用いられたが、やがて反自然主義的立場一般をさすようになった。彽徊ていかい派。 → 彽徊趣味

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

余裕派の関連キーワード高浜虚子富安風生彽徊趣味趣味

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

余裕派の関連情報