径山寺味噌・金山寺味噌(読み)きんざんじみそ

大辞林 第三版の解説

きんざんじみそ【径山寺味噌・金山寺味噌】

なめ味噌の一種。大豆を炒って粗く砕き大麦と混ぜて蒸したのちに麴こうじとし、塩を加え、ナス・ウリなどを入れたもの。甘みを加えることもある。和歌山県湯浅地方の名産。径山寺での製法が伝えられたものという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android