径山寺(読み)きんざんじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

径山寺
きんざんじ

中国、浙江(せっこう/チョーチヤン)省杭州(こうしゅう/ハンチョウ)市余杭県の北西部にある禅寺。天目山(てんもくさん/ティエンムーシャン)の東北峰にあり、中国禅宗五山の一つである。8世紀中ごろ、唐の代宗(だいそう)のとき国一(こくいつ)禅師道欽(どうきん)が入山して庵(いおり)を結んだが、代宗が道欽の徳に帰依(きえ)して禅師号を与え、769年(大暦4)勅命によって寺が建てられた。宋(そう)代には円悟克勤(えんごこくごん)、大慧宋杲(だいえそうこう)らが住し、1180年(淳煕7)には孝宗の勅命で大同別峯(だいどうべっぽう)が入山した。このころ興聖万寿禅寺(こうしょうまんじゅぜんじ)の寺号を受けている。その後も無準師範(むじゅんしはん)をはじめ、歴代の高名な僧が住持となり、臨済宗の大道場として大いにその禅風を振るった。なお、径山寺みそはこの径山寺から製法が伝わったものといわれる。

[平井俊榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きんざん‐じ【径山寺】

[1] 中国、浙江省杭州、天目山の東北峰にある寺。中国五山の一つ。七六九年唐の代宗の勅命により建立。臨済宗の大道場。なお径山寺味噌の製法は、この寺から伝えられたものといわれる。興聖万寿禅寺。
[2] (「金山寺」とも書く) 「きんざんじみそ(径山寺味噌)」の略。
※俳諧・風月の童(1700)「納豆の風味を渡す径山寺」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の径山寺の言及

【径山寺みそ(径山寺味噌)】より

…〈金山寺みそは紀州若山金山寺の名物にて,江戸に流行出しは享保年中よりとなむ〉と《嬉遊笑覧》は書いているが,和歌山に金山寺という寺はなかったようである。もともと中国浙江省の径山寺でつくっていたみそが名高く,その製法を法灯国師覚心が伝えて1254年に帰朝,請われて紀州由良の興国寺の開山となったため,その近傍の湯浅に伝わって同地の名産になったとされている。紀州家の徳川吉宗が将軍になってから献上させ,それから江戸に広まったというから,〈享保年中より……〉というのは妥当かもしれない。…

※「径山寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android