コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

径山寺 キンザンジ

大辞林 第三版の解説

きんざんじ【径山寺】

中国、浙江省北西部、天目山の北東、径山のふもとにある臨済宗の寺。中国五山の一。興聖万寿禅寺。
「径山寺味噌みそ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

径山寺
きんざんじ

中国、浙江(せっこう/チョーチヤン)省杭州(こうしゅう/ハンチョウ)市余杭県の北西部にある禅寺。天目山(てんもくさん/ティエンムーシャン)の東北峰にあり、中国禅宗五山の一つである。8世紀中ごろ、唐の代宗(だいそう)のとき国一(こくいつ)禅師道欽(どうきん)が入山して庵(いおり)を結んだが、代宗が道欽の徳に帰依(きえ)して禅師号を与え、769年(大暦4)勅命によって寺が建てられた。宋(そう)代には円悟克勤(えんごこくごん)、大慧宋杲(だいえそうこう)らが住し、1180年(淳煕7)には孝宗の勅命で大同別峯(だいどうべっぽう)が入山した。このころ興聖万寿禅寺(こうしょうまんじゅぜんじ)の寺号を受けている。その後も無準師範(むじゅんしはん)をはじめ、歴代の高名な僧が住持となり、臨済宗の大道場として大いにその禅風を振るった。なお、径山寺みそはこの径山寺から製法が伝わったものといわれる。[平井俊榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の径山寺の言及

【径山寺みそ(径山寺味噌)】より

…〈金山寺みそは紀州若山金山寺の名物にて,江戸に流行出しは享保年中よりとなむ〉と《嬉遊笑覧》は書いているが,和歌山に金山寺という寺はなかったようである。もともと中国浙江省の径山寺でつくっていたみそが名高く,その製法を法灯国師覚心が伝えて1254年に帰朝,請われて紀州由良の興国寺の開山となったため,その近傍の湯浅に伝わって同地の名産になったとされている。紀州家の徳川吉宗が将軍になってから献上させ,それから江戸に広まったというから,〈享保年中より……〉というのは妥当かもしれない。…

※「径山寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

径山寺の関連キーワード径山寺みそ(径山寺味噌)径山寺味噌・金山寺味噌径山寺味噌/金山寺味噌なめみそ(嘗味噌)みそ(味噌)湯浅[町]径山寺みそ湯浅(町)径山寺味噌しょうゆ湯浅醤油なめみそ嘗味噌天目山径山みそ味噌寺田

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android