待遇表現(読み)たいぐうひょうげん

精選版 日本国語大辞典の解説

たいぐう‐ひょうげん ‥ヘウゲン【待遇表現】

〘名〙 相手の性、年齢、社会的地位、職種、または相手に対しての敬卑などの気分による人間関係のあり方に応じて変える言語表現、またはその形式。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の待遇表現の言及

【敬語】より

…〈彼が食う〉と〈あの方が召し上がる〉,〈雨が降った〉と〈雨が降りました〉のように客観的には同一の内容をもちながら異なった表現があり,その内容に現れる人(登場者)またその表現行為に関与する人(話し手自身・相手)の間の優劣関係を意識することによって一方が選択されるとき,その表現を敬語というが,日本語においてとくにいちじるしく認められる表現法である。敬意の表現だけでなく,逆に相手を見下げる気持の表現を含めて,大きく〈待遇表現〉の名で一括することもあるが,標準としての言語,とくに教育の面では卑下し悪口する表現が取り上げられることは少ない。敬語は,ときにはわざとあざけりのために不当に用いられることはあるが,本来の地盤は敬意である。…

※「待遇表現」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android