後は野となれ山となれ(読み)アトハノトナレヤマトナレ

  • あと
  • は 野(の)となれ山(やま)となれ
  • 後(あと)は野(の)となれ山(やま)となれ

大辞林 第三版の解説

当面のことさえうまくいけば、あとはどうなろうとかまわない。末は野となれ山となれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

当面のことさえ済めば、その先のことや、その結果はどうなってもかまわない。
※浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)中「栄耀栄華も人の金、果は砂場をうち過ぎて、あとは野となれやまとぢゃ、足にまかせて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

後はどうなろうと、自分の知ったことではないというたとえ。また、そうした無責任な態度のたとえ。

[使用例] ここまで来ては仕方がない。るだけ演って自爆しよう、あとは野となれ山となれ、秀チャンは善チャンのヨメになる[高峰秀子*わたしの渡世日記|1976]

[解説] はたとえになろうと山になろうとかまいはしないということですが、先のことはともかくとしてといった、軽い気持ちで使われる場合もあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android