コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目先/目前 メサキ

デジタル大辞泉の解説

め‐さき【目先/目前】

すぐ目の前。眼前。「恋敵の顔が―にちらつく」
目の前にある物事。その時その場。当座。「―の利益を追う」「―のことにとらわれる」
ごく近い将来を見通すこと。また、先の見通し。「―の見えない

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の目先/目前の言及

【取引所】より

… 塩漬け買った株が値下がりし,やむなく将来値上がりすることを期待して,じっと持ちつづけることをいう。また,目先的な値上がりより中・長期的観点から値上がりを期待して,安値圏にある株に投資することを〈塩漬投資〉ともいう。 しこり大商いで信用取引の買残高が増大したあと,相場の反落で動きがとれなくなっている状態をいう。…

※「目先/目前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

目先/目前の関連キーワード遠き慮りなければ必ず近き憂えあり遠き慮りなければ必ず近き憂いあり獣を逐う者は目に太山を見ず女賢しくて牛売り損なう後は野となれ山となれ眉白水鶏・眉白秧鶏近火で手を焙るミヤマホオジロ韓信の股潜り蛙の頰冠り目先・目前齷齪・偓促鼻の先智恵けち臭い利に走る近視眼的喉元思案取紛れる巫女秋沙囚われる

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android