目先/目前(読み)メサキ

デジタル大辞泉の解説

め‐さき【目先/目前】

すぐ目の前。眼前。「恋敵の顔が―にちらつく」
目の前にある物事。その時その場。当座。「―の利益を追う」「―のことにとらわれる」
ごく近い将来を見通すこと。また、先の見通し。「―の見えない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の目先/目前の言及

【取引所】より

… 塩漬け買った株が値下がりし,やむなく将来値上がりすることを期待して,じっと持ちつづけることをいう。また,目先的な値上がりより中・長期的観点から値上がりを期待して,安値圏にある株に投資することを〈塩漬投資〉ともいう。 しこり大商いで信用取引の買残高が増大したあと,相場の反落で動きがとれなくなっている状態をいう。…

※「目先/目前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android