後凋・後彫(読み)こうちょう

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ちょう ‥テウ【後凋・後彫】

〘名〙 (「論語‐子罕」の「歳寒然後、知松柏之後一レ凋也」による) 松柏が普通の草木におくれて、しぼむこと。転じて、苦難に堪えて固く節操を守ることのたとえにいう。
※菅家文草(900頃)四・早霜「寒心旅客雖樗散、含得後凋貞」 〔孫綽‐秋日詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android