コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫綽 そんしゃくSun Chuo

1件 の用語解説(孫綽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孫綽
そんしゃく
Sun Chuo

[生]建興2(314)
[没]咸安1(371)
中国,六朝時代の東晋の文学者。太原中都 (山西省) の人。字,興公。官は廷尉卿から著作郎に進んだ。文才をもって当時名が高く,特にその『天台山賦』は,魏,晋時代の代表的辞賦として名高い。また好んで老荘の気風を説く「玄言詩」をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の孫綽の言及

【玄学】より

…その結果,儒家の古典である《論語》や《周易》にたいして,老子流の解釈がほどこされるとともに,儒家の聖人が〈無〉の体得者である道家的聖人として,あらたな意味づけをあたえられた。とくに王弼は,聖人を〈無〉を体得しながら,しかも喜怒哀楽の情によって万物に感応するものと考えたが,これは東晋の孫綽(そんしやく)の〈喩道論〉が,仏は道を体得しながらしかも衆生に感応して教え導くもの,と説くことにそのまま通じ,玄学的理解は,儒家と道家の一致だけではなく,儒仏道三教一致論の理論的基礎をも用意したといえる。何晏や王弼の学風は,かれらが正始時代(240‐248)に活躍したところから〈正始の音〉とか〈正始の風〉とかよばれて後世の清談家たちから慕われたが,その一方,西晋の裴頠(はいき)の〈崇有論〉や東晋の王坦之の〈廃荘論〉はかれらの哲学的立場を批判し,また東晋の范寧(はんねい)の〈王弼何晏論〉は,仁義礼楽の破壊者として2人の罪をそしった。…

※「孫綽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

孫綽の関連キーワードクセノクラテス説明義務横田劉徽新ヤンキースタジアム文部科学省のいじめの定義心神喪失と心神耗弱公判停止東金九十九里地域医療センター福山空襲

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone