後攻(読み)コウコウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐こう【後攻】

[名](スル)野球など攻撃と防御とを交互に行うスポーツの試合で、攻撃の順番があとであること。また、そのチーム。あとぜめ。⇔先攻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうこう【後攻】

( 名 ) スル
攻撃と防御を交互に行う競技で、あとから攻めること。あとぜめ。 ⇔ 先攻

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐ぜめ【後攻】

※熱球三十年(1934)〈飛田穂洲〉終篇「私は先攻(さきぜめ)よりも後攻(アトゼメ)を欲した」

うしろ‐ぜめ【後攻】

〘名〙 城を包囲した敵や布陣する敵を、その背後から攻撃すること。背面攻撃。ごぜめ。
※園太暦‐文和元年(1352)一〇月五日「妙善自兵庫後攻之間、引退歟」

こう‐こう【後攻】

〘名〙 スポーツ試合などで、あとから攻めること。あとぜめ。⇔先攻

ご‐ぜめ【後攻】

〘名〙 =ごづめ(後詰)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後攻の関連情報