コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後版 あとはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後版
あとはん

浮世絵用語。初版,初摺 (しょずり) に対し,再版以後の作品を後版,後摺 (のちずり) と呼ぶ。浮世絵版画は1日の工程で約 200枚ほどを摺り,絵師はためし摺のときだけ立会って色彩の校合 (きょうごう) などを行う。ためし摺を手本として本摺に入った最初の 200枚を初摺という。後版からは立会いがなく,色校合も行われず,摺師によっては色板を減じて摺ることもあり,版画としての価値が低くなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あとはん【後版】

後刷あとずり」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後版の関連キーワードブリタニカ百科事典おくのほそ道蜂須賀 茂韶ジーフェルス後刷り・後刷偽れる盛装美術叢書百科事典モロー雲根志星襄一草の葉浮世絵後刷

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後版の関連情報