後刷(り)(読み)アトズリ

図書館情報学用語辞典の解説

後刷

既刊の版本の版木をそのまま用いて後になって印刷すること,または印刷された図書.現在の増刷に相当する語.版本の場合,初刷,後刷の刷の年月がはっきりわからない場合が多いので,版面が鮮明で摩滅欠損のないものを初刷,そうでないものを後刷とするのが通例である.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐ずり【後刷】

〘名〙 以前使用したことのある版木・版型で再び刷ること。木版本・木版画の場合に多くいう。のちずり。⇔初刷(はつず)り
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉出版上の道徳「初摺りこそ少いが後摺りは到る所に山積して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android