コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後生は徳の余り ゴショウハトクノアマリ

デジタル大辞泉の解説

後生(ごしょう)は徳の余り

一生懸命に徳行を積めば、おのずから極楽往生の願いもかなえられるものであるということ。一説には、後生を願うための信心も、暮らし向きに余裕があってこそできるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごしょうはとくのあまり【後生は徳の余り】

もっぱら功徳を施すことに努力すれば、自然と来世の極楽往生はかなうものである。一説に、生活に余裕がなければ信心もできない、の意とも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後生は徳の余りの関連キーワード来世功徳