徳行(読み)とくぎょう

精選版 日本国語大辞典「徳行」の解説

とく‐ぎょう ‥ギャウ【徳行】

〘名〙
① すぐれたとその行ない。また、徳の高い行ない。とっこう。
※神皇正統記(1339‐43)下「徳行おなじければ才用あるをもちゐる」
② 仏語。功徳と行法。また、功徳をそなえた行、功徳行のこと。〔勝鬘経義疏(611)〕

とっ‐こう トクカウ【徳行】

〘名〙 道徳にかなった正しい行ない。道徳的な行為。とくぎょう。〔令義解(718)〕
※洒落本・野路の多和言(1778)「松柏のしぼむにおくるるを知ると君子の徳行に孔子はたとへ給ひ」 〔易経‐習坎卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android