徳行(読み)トッコウ

大辞林 第三版の解説

とくぎょう【徳行】

〘仏〙 修行によって得られる優れた状態や能力である徳と、それを実現する方法である行。功徳と行法。

とっこう【徳行】

道徳にかなった行為。正しいおこない。 「 -の士」 「 -に秀でた人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳行の関連情報