徳行(読み)トッコウ

大辞林 第三版の解説

とくぎょう【徳行】

〘仏〙 修行によって得られる優れた状態や能力である徳と、それを実現する方法である行。功徳と行法。

とっこう【徳行】

道徳にかなった行為。正しいおこない。 「 -の士」 「 -に秀でた人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とく‐ぎょう ‥ギャウ【徳行】

〘名〙
① すぐれた徳とその行ない。また、徳の高い行ない。とっこう。
※神皇正統記(1339‐43)下「徳行おなじければ才用あるをもちゐる」
② 仏語。功徳行法。また、功徳をそなえた行、功徳行のこと。〔勝鬘経義疏(611)〕

とっ‐こう トクカウ【徳行】

〘名〙 道徳にかなった正しい行ない。道徳的な行為。とくぎょう。〔令義解(718)〕
洒落本・野路の多和言(1778)「松柏のしぼむにおくるるを知ると君子の徳行に孔子はたとへ給ひ」 〔易経‐習坎卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳行の関連情報