徳行(読み)トッコウ

デジタル大辞泉 「徳行」の意味・読み・例文・類語

とっ‐こう〔トクカウ〕【徳行】

徳の高い行い。道義にかなった行い。「徳行を重ねる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「徳行」の意味・読み・例文・類語

とく‐ぎょう‥ギャウ【徳行】

  1. 〘 名詞 〙
  2. すぐれた徳とその行ない。また、徳の高い行ない。とっこう。
    1. [初出の実例]「徳行おなじければ才用あるをもちゐる」(出典:神皇正統記(1339‐43)下)
  3. 仏語功徳行法。また、功徳をそなえた行、功徳行のこと。〔勝鬘経義疏(611)〕

とっ‐こうトクカウ【徳行】

  1. 〘 名詞 〙 道徳にかなった正しい行ない。道徳的な行為。とくぎょう。〔令義解(718)〕
    1. [初出の実例]「松柏のしぼむにおくるるを知ると君子の徳行に孔子はたとへ給ひ」(出典:洒落本・野路の多和言(1778))
    2. [その他の文献]〔易経‐習坎卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「徳行」の読み・字形・画数・意味

【徳行】とくこう(かう)

徳ある行い。〔論語、先進〕行には顏淵・閔子騫(びんしけん)・(ぜん)伯牛・仲弓

字通「徳」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android