コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後発事象 こうはつじしょう subsequent event

2件 の用語解説(後発事象の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後発事象
こうはつじしょう
subsequent event

決算日から財務諸表を作成する日までに発生した重要な事象で,次期以降の財政状態や経営成績に影響を及ぼすものをいう。決算日後における重大な災害損失の発生,新株式や社債の発行,会社の合併,係争事件の発生または解決,主要な取引先の倒産などの事象がそれに該当する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

後発事象

決算日後に発生し、次期以降の財政状態や経営成績に影響を及ぼす事象を後発事象という。翌期以降の財務諸表に大きな影響を与えるため、起業の利害者が的確に起業の財務内容を把握するために、適切に開示する必要がある。後発事象は、修正後発事象と開示後発事象の二つに分類される。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後発事象の関連キーワード優先株式決算日決算報告次期財政再生計画台所事情普通責任準備金決算短信修正後発事象・開示後発事象年次決算報告書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後発事象の関連情報