コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤了順 ごとう りょうじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤了順 ごとう-りょうじゅん

?-? 江戸時代前期のキリシタン。
後藤宗印の次男。長崎の人。イエズス会セミナリヨを卒業,神学院にまなぶ。国外追放でマニラにわたり,元和(げんな)4年(1618)教区司祭として日本にもどる。洗礼名はミゲル。のち棄教し,沢野忠庵,荒木了伯とともに長崎奉行のキリシタン目明かしとなり吟味に協力した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

後藤了順の関連キーワード後藤宗印

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android