コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吟味 ぎんみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吟味
ぎんみ

江戸時代,裁判にあたって,訴訟人 (原告) および相手方 (被告) ,あるいは被疑者を取調べ,その対象となっている事件の事実関係を明らかにすること。後者の場合,詮議と呼ぶことが多い。しかし,吟味物 (ぎんみもの) という場合は,後者にかかわる事件をいい,前者にかかわる事件は出入物 (でいりもの) といわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐み【吟味】

[名](スル)3が原義》
物事を念入りに調べること。また、念入りに調べて選ぶこと。「よく吟味した材料を用いる」
罪状を調べただすこと。詮議(せんぎ)。「役人の吟味を受ける」
詩歌を吟じてその趣を味わうこと。
「むさとそしるべき歌とはおぼえぬなり。よくよく―し給へ」〈戴恩記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎんみ【吟味】

( 名 ) スル
詳しく念入りに調べること。 「 -してそろえた食器」 「本来の物質を化学上に-し来れば/福翁百話 諭吉
詩歌を吟じてよく味わうこと。 「いや〱是はむさとそしるべき歌とおぼえぬなり。よく〱-し給へ/戴恩記」
罪のあるなしや罪状を取り調べること。詮議。
監督。取り締まり。 「親達より堅く是を-せよと/浮世草子・新色五巻書」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

吟味の関連キーワード書き飛ばす・書飛ばすハイクオリティーピアレビュー勘定吟味役吟味方改役出来し立て角水を突くエレンコス屋代忠良種方付け賄吟味役批判主義高尾信福浮世草子江戸時代荻原重秀一粒選り後代検定不吟味独断的

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吟味の関連情報