コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤基綱 ごとう もとつな

2件 の用語解説(後藤基綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤基綱 ごとう-もとつな

1181-1256 鎌倉時代の武将。
養和元年生まれ。後藤基清の子。鎌倉幕府につかえ,承久(じょうきゅう)の乱で後鳥羽(ごとば)上皇側についた父の首をはねる。嘉禄(かろく)元年初代評定衆のひとりとなり,のち越前(えちぜん)守護。寛元4年評定衆を解任され,建長4年引付衆となった。康元元年11月28日死去。76歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤基綱

没年:康元1.11.28(1256.12.16)
生年:養和1(1181)
鎌倉幕府4代将軍藤原頼経の側近で,将軍家の和歌会に席を連ねた歌人。後藤基清の子。承久の乱(1221)では幕府方として戦い,京方についた父基清を幕府の命令によって斬首した。嘉禄1(1225)年評定衆となる。将軍頼経の政所では,保奉行人を管理して鎌倉の市政に携わった。また,恩賞奉行も兼務。越前国守護に補任され,以降鎌倉幕府滅亡まで後藤氏がこの職に任ぜられた。嘉禎2(1236)年,使節として上洛し,南都の嗷訴を鎮めた。同年,佐渡守,翌3年玄蕃頭。寛元4(1246)年6月,宮騒動に連座して評定衆を解任された。その後,建長4(1252)年4月には,引付衆に任ぜられた。<参考文献>『関東評定伝

(永井晋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後藤基綱の関連キーワード九条頼嗣九条頼経藤原頼嗣藤原頼経北条経時一条実雅後藤基政中原師員結城朝村六角泰綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone