コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤基綱 ごとう もとつな

2件 の用語解説(後藤基綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤基綱 ごとう-もとつな

1181-1256 鎌倉時代の武将。
養和元年生まれ。後藤基清の子。鎌倉幕府につかえ,承久(じょうきゅう)の乱で後鳥羽(ごとば)上皇側についた父の首をはねる。嘉禄(かろく)元年初代評定衆のひとりとなり,のち越前(えちぜん)守護。寛元4年評定衆を解任され,建長4年引付衆となった。康元元年11月28日死去。76歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤基綱

没年:康元1.11.28(1256.12.16)
生年:養和1(1181)
鎌倉幕府4代将軍藤原頼経の側近で,将軍家の和歌会に席を連ねた歌人。後藤基清の子。承久の乱(1221)では幕府方として戦い,京方についた父基清を幕府の命令によって斬首した。嘉禄1(1225)年評定衆となる。将軍頼経の政所では,保奉行人を管理して鎌倉の市政に携わった。また,恩賞奉行も兼務。越前国守護に補任され,以降鎌倉幕府滅亡まで後藤氏がこの職に任ぜられた。嘉禎2(1236)年,使節として上洛し,南都の嗷訴を鎮めた。同年,佐渡守,翌3年玄蕃頭。寛元4(1246)年6月,宮騒動に連座して評定衆を解任された。その後,建長4(1252)年4月には,引付衆に任ぜられた。<参考文献>『関東評定伝

(永井晋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

後藤基綱の関連キーワード養和大空位時代康元後藤基綱公方足利俊綱鴨長明城資永平盛俊藤原邦綱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone