コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤夜半 ごとう やはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤夜半 ごとう-やはん

1895-1976 大正-昭和時代の俳人。
明治28年1月30日生まれ。後藤得三,喜多実(きた-みのる)の兄。証券会社に勤務のかたわら,大正12年から高浜虚子(きょし)に師事し,昭和7年「ホトトギス」同人。23年「花鳥集」(のち「諷詠」)を創刊,主宰した。昭和51年8月29日死去。81歳。大阪出身。泊園書院卒。本名は潤。句集に「青き獅子(しし)」「彩色」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

後藤夜半の関連キーワード居待ち月・居待月後藤 得三喜多 実昭和時代日日草夏芝居蕗の薹匂い袋

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android