コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤梨春 ごとう りしゅん

2件 の用語解説(後藤梨春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤梨春 ごとう-りしゅん

1696-1771 江戸時代中期の本草家。
元禄(げんろく)9年生まれ。田村藍水(らんすい)にまなび,本草学稲生若水(いのう-じゃくすい)とならび称された。江戸の医学校躋寿(せいじゅ)館の都講(教師)となり本草を講義。明和2年「紅毛談(オランダばなし)」を刊行するが,発禁となる。明和8年4月8日死去。76歳。江戸出身。本姓は多田。名は光生。通称は太仲。号は梧桐庵。著作に「春秋七草」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤梨春

没年:明和8.4.8(1771.5.21)
生年:元禄9(1696)
江戸中期の本草・博物学者,蘭学者。名は光生,梨春は字,通称は太仲,号は梧桐庵,梧陰庵。本姓は能登国(石川県)七尾城主多田氏,父義方のとき後藤に改姓。江戸の生まれ。長じて田村藍水に本草学を修学。宝暦7(1757)年から同10年にかけて江戸と大坂で催された物産会に出品。明和2(1765)年に江戸の私立医学校躋寿館の都講となり本草学を講ず。オランダの地理,暦法,物産,科学機器などを紹介した『紅毛談』はわが国最初の電気文献。これにアルファベットを載せたため幕府に絶版を命ぜられたというが検討の余地がある。<著作>『本草綱目補物品目録』『春秋七草』『震雷記』

(吉田厚子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の後藤梨春の言及

【エレキテル】より

…オランダ語のelektriciteitがなまってエレキテル,さらに簡略化されて俗にエレキともいわれた。18世紀前半のヨーロッパで摩擦起電機やライデン瓶が発明され,電気ショックで人をおどろかせる見世物や遊び道具として人気を得たが,この知識が日本にもたらされ,後藤梨春(1702‐71)が《紅毛談(オランダばなし)》(1765)にはじめてエレキテルを紹介し,平賀源内は1776年(安永5)にはじめて蓄電器つきの摩擦起電機をつくった。以後,森島中良(1756‐1810),高森観好(1750‐1830),橋本宗吉(1763‐1836)などもつくっている。…

※「後藤梨春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後藤梨春の関連キーワード松岡玄達竹川政辰田村藍水博物学白井光太郎本草学小原桃洞佐藤中陵曾占春深川元儁

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後藤梨春の関連情報